紀 の 川 市
華岡青洲記念館・墓地・生誕地・春林軒
華岡青洲は1760年(宝暦10年)10月23日 那賀町平山生まれ。その後1782年に、京都での3年間の遊学の後、帰郷し父の後をついで開業。

 当時の外科治療には大きな問題があった。麻酔がないために、患者は激しい痛みに耐えねばならず、そのために死に至ることも多かった。青洲は、患者の苦しみを和らげ、人の命を救いたいと考え麻酔薬の開発を始めた。

 研究に研究を重ね長い苦心の末に、青洲は曼陀羅華(まんだらげ)の花を主成分とした6種類の薬草に麻酔効果があることを発見した。

 動物を使った実験を重ねることによって、麻酔薬の完成まであと一歩というところまでこぎつけたが、最後の人体実験を目の前にして行き詰まっていた時、苦悩する青洲に母・於継と妻・加恵が自ら進んで実験台になることを申し出た。こうして数回にわたる人体実験の結果、加恵の失明という事態を招いたものの、ついに全身麻酔薬「通仙散」が完成。以後、青洲は、没するまでの約30年間に様々な手術を行い、当時不治の病といわれた乳がん手術だけでも153例にも及んだ。

 また、乳がん手術の成功後、華岡青洲の名は全国に知れ渡り、患者や入門を希望する者が、平山に殺到。青洲は、門下生の育成にも力を注ぎ、医塾「春林軒」を設けて、千人以上の門下生を育てた。

 1835年(天保6年)10月2日没。享年76歳。

 青洲は、これらの人々を診療し、また指導する為に新たに自宅兼病院兼医塾として「春林軒」を設けた。

 春林軒での教育は、青洲の口述によるか、青洲が治療していることろを実際に見たり、助手をしたりして体得する指導方法。青洲自身の著述が「乳巖治験録」以外に存在しないのもそのためであり、今まで伝わる華岡流医術の書籍は、全て門下生が青洲から教わったことを書きとめたもの。

 また、修行期間は一定ではなく門下生一人一人の個性や才能等によって決められ、最終的には青洲の認定によって卒業となり、免状が交付された。その時、門下生たちは青洲の教えをみだりに他人には教えないとする「奥伝誓約文之事」という誓約書を提出した。 

 青洲の業績といえば一般的には、「世界で初めて全身麻酔による乳癌手術を行ったこと」と言われている。

 しかし、青洲の真の業績は、世界で初めて実験科学の道を歩んだことにある。「実験」は、現代において常識となっているが、今から200年も前の青洲の時代においては、世界の科学史からみても「実験」は、全く想像もしないことだったであろう。さらに、当時、日本は鎖国であり、日本の中心・江戸ではなく紀州の草深き片田舎で成し遂げられたという事実には驚愕します。

 病に苦しむ人々を救い、医術の発展と人類の福祉に、その一生を献げた青洲は1835年(天保6年)10月2日 76年の生涯を閉じた。

アクセス 青洲の里 和歌山県紀ノ川市那賀町西野山473番地 国道沿いに看板が出ているのわかると思う。
森田節斎記念碑
 森田節斎は1811年(文化8)11月1日大和五條の医師森田文庵の二男として生まれ、15才の時、京都で猪飼敬所や頼山陽に学び、後江戸では昌平 で古賀洞庵の教えを受けた。

 その後、43才の時から京都で塾を開き子弟の教育にあたった。吉田松陰も、その門に学んだ一人で門下には勤王の志士が多かった。

 1863年(文久3)門人の乾十郎・原田亀太郎が天誅組に加わったため、節斎も幕府から追われ荒見村(粉河町荒見)の北長左衛門の家に身を避けることとなった。

  ここで「簡塾」とよばれる塾を開き子弟の教育にあたっていたが1868年(慶応4)7月26日死去。享年58歳。

節斎の墓地は荒見地区内北家墓地の南側に設けられている。

アクセス 粉河町荒見の九頭神社の境内にある。
森田節斎墓
 粉河町荒見の北家累代墓地に3つの墓がある。向かって左から森田節斎、その妻無絃、長男司馬太郎の墓となっている。諸国を漫遊しながら塾を開き、勤王の烈士を育て、精神的指導を行った節斎。天誅組に加わった門人がもとで幕府に追われ、荒見村(現粉河町荒見)に逃れたのち、愚庵と呼ばれる塾を開いて子弟を教育した。

アクセス 粉河町荒見の九頭神社前の道を東へ。道はわかりにくいので地元の方に聞いた方がいい。