染井霊園付近    豊島区駒込5-5-1

まわりやすいように、霊園事務所からのコースで紹介する。ただ、調査後、抜け落ちているところが多々あったので、もう一度取材に行く予定なので暫定のコースの紹介をする。
霊園付近にもたくさんの寺院があり、コース紹介では霊園を一度出て、近隣の寺院へ行って、また霊園に戻るようなコースとなった。効率よくまわるためである。
宍戸環(ししどたまき)
樺山資紀(かばやまのりすけ)
戸田光則(とだみつひさ)
1種イ3号1側
1種イ3号12側
1種イ2号9側
司法大輔、元老院議官
海軍大将・枢密顧問官・内相・文相
松本藩主
 
松浦武四郎(まつうらたけしろう)
田沼意次
福岡孝悌(ふくおかたかちか)
1種ロ10号2側
勝林寺
1種イ8号3側
探検家
老中
元老院議官・参議・枢密顧問官
司馬江漢
芥川龍之介
平田銕胤(ひらたかねたね)
慈眼寺 
慈眼寺 
2種ハ6号39-44側
絵師・蘭学者
作家
神祇事務局判事.・内国事務局判事
遠山金四郎  
千葉周作
森山多吉郎
本妙寺
本妙寺
本妙寺
北町奉行
北辰一刀流・剣豪
日本最初の通辞
土方久元(ひじかたひさもと)
小河一敏(おごうかずとし)
藤堂高猷(とうどうたかゆき)
津藩主
1種ロ6号12側
1種ロ1号4側
1種ロ4号8-12側
山脇十左衛門・隼太郎(じゅうざえもん・しゅんたろう)
下岡連杖(しもおかれんじょう)
高村光雲(たかむらこううん)
桑名藩士
1種イ4号19側
1種ロ6号5側
1種ロ6号1側
 
松平定敬(まつだいらさだあき)
桑名藩主
1種イ4号2側
取材予定地
杉亨二(すぎこうじ)1種イ6号11側我が国初の人口調査を実施した
正木退蔵(まさきたいぞう)1種ロ9号4側長州出身・東京職工学校初代校長
松浦詮(まつうらあきら)平戸藩主1種ロ4号
坪井信良(つぼいしんりょう)1種イ8号6側誠軒の養子・奥医師
井上正直(いのうえまさなお)1種イ8号6側浜松藩主
酒井忠績(ただしげ) 姫路藩主1種イ4号16側
井上正順(いのうえまさより)1種イ7号6側下総高岡藩主
高良斎(こうりょうさい)1種イ3号1側幕末の眼科医
酒井忠惇(さかいただとう)1種イ4号8側
徳川昭武(とくがわあきたけ)1種イ5号14側水戸藩主
寺本義久(てらもとよしひさ)1種イ3号5側警部補・思案橋事件の犠牲者
岩崎家 岩崎家墓所側
福原実(ふくはらみのる)1種イ3号13側
陸軍少将・貴族院議員・沖縄県知事
新田邦光 2種ハ8号35側
小原重哉 1種3号14側
中村清行(なかむらきよゆき) 1種イ3号8側
久米幹文 2種ハ5号5側
青山真道 1種イ8号2側
東京 目次へ