高知市内A

間崎滄浪(哲馬)旧邸跡

 天保5年(1834)、下種崎町に生まれた。家は代々幡多郡間崎の庄屋。次いで同郡江村の大庄屋となり、のち郷士となった。父は高知城下種崎町で医を業とした。
 幼少より神童の誉が高く、早くより才覚を表し土佐の三奇童の一人と称された。
 嘉永2(1849)年16歳で江戸に出て安積艮斎に学び、経史詩文に通じ塾頭に抜擢。
 3年後帰国し、高知城北江ノ口村に居住して子弟を教授し、門下に多くの俊秀の士を輩出した。また吉田東洋の少林塾にも学んだ。徒士となり、須崎浦や郡の藩吏、文武下役等を歴任した。豪放磊落の人で俗吏と意見があわず失職したが、意に介さなかった。
 文久元(1861)年再び江戸に上り、安積の塾に投じ同門の幕臣山岡鉄太郎と親交、武市瑞山と意気投合して勤王同盟(土佐勤王党)に参加し、瑞山、平井収二郎と並ぶ土佐文武の先覚者と言われた。かつて吉田東洋に師事して開明思想を培っており、坂本竜馬の海軍振興策を聞き、海軍の改革を藩に進言していた。
 江戸と京都の間を尊攘問題で奔走し、2年12月在京の勤王党幹部平井収二郎や弘瀬健太と勤王運動に適合する藩政改革を計画し、藩主の祖父山内豊資に宛てた中川宮朝彦親王の手書を得て帰国、改革に着手しようとしたが、佐幕派に忌まれ、前藩主山内容堂の怒りにふれ、土佐に護送されて切腹の刑に処せられた。文久3年6月8日没。30歳。

アクセス 高知市北本町1-4
小南五郎右衛門旧邸跡
 藩の上士の中で数少ない勤王党の理解者だった彼は、吉田東洋暗殺後は、武市らの支持で大目付兼仕置役となり、藩政の実権を握る。
 1853年に山内容堂より側用役として抜擢される。
 安政の大獄時には、井伊直弼の容堂に対する追及をかわす為に、小南などの重臣が身代わりとなって幽閉処分を受ける。 のちに復帰し大目付に就任するが、尊皇攘夷主義の土佐勤皇党に協力的だったため、勤皇等弾圧時には任を解かれ、失脚した。
 戊辰戦争に従軍しているが、維新後は土佐に戻り余生を過ごした。71歳で没。
アクセス 高知市大川筋2丁目2 
薫的神社(山田獄舎)
          
ここには山田町にあった獄舎の一部が移転保存されている。かつては、弘瀬健太、平井収二郎、間崎哲馬もこの牢につながれた。
アクセス 高知市洞ヶ島町5
致道館門
 1862年、文武両道奨励のため藩校文武館が建てられ、のち致道館と改称された。その後この致道館は廃校となり県庁や刑務所として長く利用される。

現在、致道館跡は城西公園となり、この正門は保存され、当時の面影をとどめている。

アクセス 高知市丸の内1丁目8 県立武道館前
福岡孝弟生誕地
 天保6年2月5日高知生まれ。維新前は、高知藩を代表して、後藤象二郎とともに国事に奔走、大政奉還を実現させた。新政府樹立後は、参与として、制度事務掛、議事体裁取調御用、学校御用掛などを命じられ、五箇条の誓文の起草にも関与した。明治3年(1870)高知藩庁に転じ、藩政改革に尽力。5年(1872)新政府に再出仕し、文部大輔・司法大輔を歴任するが、6年(1873)の政変(征韓論争)に際し職を辞し、下野。13年(1880)元老院議官として政府に復帰。文部卿、参議、参事院議長、宮中顧問官、枢密顧問官などを務めた。17年(1884)子爵。大正8年3月7日没
アクセス 高知市升形1 高知教会斜め前
片岡健吉誕生之地
 天保14年12月26日生まれ。土佐藩士として戊辰戦争に参戦し、会津若松城攻めで功績があり、中老・権大参事となった。維新後は政府に出仕し、1871年から2年間ロンドンに留学。帰国後に海軍中佐となるが、征韓論に敗れて辞任し、高知に帰る(明治六年政変)。1874年、板垣退助・植木枝盛・林有造らと共に立志社を創設し、初代社長となる。1879年には高知県会の初代議長となった。だが、1ヵ月後に県会議員選挙の制限選挙制に反対して由比直枝・尾崎要・小谷正元と共に辞職した。
 1877年6月9日、西南戦争の最中に国会開設の建白書を京都行在所に提出するが不受理となる。同年8月18日に立志社の獄で逮捕され、禁錮100日の刑を受けた。
 1880年、第4回愛国社大会の議長を務め、その後河野広中と共に国会期成同盟代表として国会開設の請願書を元老院に提出するがまたもや不受理となる。
 1881年、自由党の結成に協力。1887年に保安条例違反で退去命令が出されるが従わず、禁錮2年6ヶ月の刑に処された。1889年に出獄後、1890年に第1回衆議院議員総選挙で当選。以後第8回まで連続で当選した。1898年から死去まで衆議院議長も務めた。敬虔なクリスチャンで日本基督教会高知教会の信徒。
 晩年、京都にある同志社社長をつとめる。 明治36年(1903)病没。享年61歳。
アクセス 高知市本町2丁目3 板垣退助生誕地(高野寺)から西へすぐ
教授館・北会所跡
 北会所は、南会所とともに藩の政治を行っていた場所。後にこの地で好学の8代藩主、山内豊敷が宝暦10(1760)年に常設の藩校として創設した。始めは教授場と称したが、9代藩主、山内豊雍が教授館と改称した。

 朱子学中心に教育にあたり、藩士の谷真潮、宮地春樹、戸部良煕などが教授役として教鞭を振るった。

アクセス 山内容堂誕生地碑から西へすぐ
山内容堂公誕生地
山内豊信(やまうち とよしげ)

 文政10年10月9日高知生まれ。幕末の高知藩主。父は藩主分家山内豊著。嘉永6年(1853)の黒船襲来を契機に藩政改革を断行、吉田東洋を登用し成果を上げる。幕政にも積極的に参加し、将軍継嗣問題では一橋慶喜を擁立する一橋派を支援。対立する大老井伊直弼に弾圧を受け、2年半にわたり謹慎生活を送る。以後公武合体派として幕政改革に乗り出し、土佐勤皇党を弾圧、藩内の尊攘激派の鎮圧に努める。慶応3年(1867)後藤象二郎の進言を受け入れ、徳川慶喜に大政奉還を建白。雄藩連合を構想。明治政府において議定、制度寮総裁等に就く。明治5年6月21日没。

アクセス 高知市追手筋2丁目3 土佐女子高校・中学校南側
吉田東洋殉難地
 文政13年、高知城下帯屋町生まれ。吉田家の先祖は長宗我部元親の部将で、のちに山内家に仕えて馬廻りの上級武士の身分になった。
 兄の死後家を継ぎ、郡奉行などを経て大目付となる。嘉永6年(1853)、15代藩主豊信(容堂)に参政(仕置き役)として登用されたが、翌年、山内家の親戚の旗本を殴打する事件を起し、吾川郡長浜(高知市長浜)に追放され、そこで鶴田塾(つるたじゅく)を開いている。
 安政5年(1858)に再び参政の座につき、文武館(のちの致道館)を建設し洋学などの新知識を学ぶ道を開く。「海南政典学」を編さんし藩政の基準として、財政改革を実施するなど、藩政改革(安政の改革)を推進した。
 東洋のもとには鶴田塾時代からの教え子だった後藤象二郎、福岡孝弟(たかちか)をはじめ多くの俊秀が集まって改革を推進、藩の権力強化をはかった。東洋は、容堂を助けて公武合体運動の中心的な役割を果たしていたため、武市瑞山らが進める土佐勤王党と対立。
 文久2年(1862)4月8日夜更け、藩主への講義を終え、追手門を出て後藤象二郎らと別れ帯屋町の自宅への帰路、勤王党の刺客3人の襲撃をうけ、刀を抜いて応戦するが暗殺された。享年48歳。
アクセス 高知市帯屋町2-1 追手前小学校南東角
武市瑞山殉節地
 武市半平太は、この南会所の上士の入る未決因獄のなかで1年9ヶ月余り投獄され、1865年閏5月11日、この地、南会所の大広庭(吟味場)で、切腹させられた。享年37歳。

 当日の夕方4時ごろ、富子ら家族の元に、武市切腹と決まり、時間はおおむね夜の8時ごろとの役人からの連絡が入った。
 すぐに富子は新しい裃のなどを整え、介錯は、半平太の義弟と義甥と決まった。
 半平太自身は午後6時過ぎに罪文を読み上げられそれを知り、前から察していた切腹を仰せつかった。
 長い間の牢獄暮らしのため、痩せ細り、下痢、腹痛、発熱のため歩くことも出来なかった半平太は、以前から牢番に予告していた三文字の屠腹を後藤らを前に気力をふりしぼって行った。

 葬議は翌12日に取りおこなわれ、遺体は祖先の人々が眠る吹井の里に葬られた。会葬者の列は延々12キロを超えていたという。

アクセス 高知市帯屋町2-5 四国銀行前 「ひろめ市場」のある交差点を西へすぐ
旧山内容堂邸
一時期山内容堂が住んでいた場所。
アクセス 山内家下屋敷長屋址前の公園入口に石碑有り
山内家下屋敷長屋址(山内容堂・西郷隆盛会見地)
  
1867年(慶応3年)2月薩摩藩主島津久光の使者として西郷隆盛が山内容堂公と会見をした場所。

旧山内家下屋敷長屋
 この長屋は元治元年(1864)山内容堂が家臣七人の屋敷地を召し上げて下屋敷(散田邸)を設けた際に同時に建てられたと推定される。幕末の風情を感じさせる建物で本格的な武家屋敷としては全国的に数少なく、昭和54年2月3日に国の重要文化財に指定された。

アクセス 高知市鷹匠町1丁目3 三翠園
山内神社(山内容堂銅像)
 1806年 10 代藩主豊策(とよかず)公の時代に、一豊公と同夫人・見性院(千代)、そして、2代藩主忠義公を祀るため、高知城内に藤並神社が建てられた。
 明治4年(1871)廃藩置県の年の3月、最後の藩主で最初の知藩事山内豊範公が祖霊を祀るため、藤並神社の御旅所のあった現在地に社殿を造り、3代忠豊公より14代豊惇公の霊を祀られた。

平成14年(2002)には容堂公を祀る銅像を境内に建立。土佐山内家宝物資料館もある。

アクセス 高知市鷹匠町2丁目4
板垣退助誕生地
 天保8年4月17日生まれ。政治家。高知藩主山内豊信の側用人などをつとめるが、藩の公武合体路線と相容れず、討幕派と連携。戊辰戦争で活躍。
 明治維新後、高知藩の大参事となり、藩政改革を行う。明治4年(1871)廃藩置県を断行。参議となり、岩倉遣外使節団派遣後の留守政府をあずかるが、征韓論が入れられず6年(1873)に下野。翌年、ともに下野した後藤象二郎らと民撰議院設立建白書を政府に提出。愛国公党や立志社を設立、自由民権運動の先頭に立つ。
 14年(1881)自由党の総理に就任。後に第2次伊藤内閣、第1次大隈内閣の内相をつとめた。大正8年7月16日没
アクセス 高知市本町2丁目3 高野寺前
後藤象二郎誕生地
 天保9年3月19日生まれ。政治家、民権家。高知藩士。山内豊信に登用され、藩政の実権を握る。
 坂本龍馬の公議政体論に賛同し、徳川慶喜に大政奉還を説いた。
 維新後は新政府内で要職につくが、明治6年(1873)征韓論問題で参議を辞任。板垣退助らと民撰議院設立建白書を提出。自由党の結成に加わり、20年(1887)に大同団結運動を展開。
 22年(1889)黒田内閣の逓信相となる。その後第1次山県、第1次松方各内閣に留任。第2次伊藤内閣では農商務相に就任した。明治30年8月4日没。
 明治政府では、晩年、節操を欠くと各方面から指弾され、不人気だった彼も明治24年、特旨をもって武市、坂本、中岡、吉村の四士に正四位を追贈した、九段坂の冨士見軒での記念式典では、弟を伴って上京した武市富子に「半平太を死に追いやったのは、いかにも間違いであった」と詫びている。
アクセス 高知市与力町5 幼稚園前
箕浦猪之吉生誕地
 代々扈従格の儒家として藩に仕えた。学問詩文を能くし、安政4年(1857)年江戸に遊学し、万延元年(1860)3月山内容堂の侍読となった。11月帰国後、藩校致道館の助教となり、容堂の扈従を勤め、馬廻格に昇進した。慶応3年(1867)11月半の歩兵第六番隊長となって上京し、慶応4年堺の警衛を命ぜられた。
 2月15日上陸したフランス軍艦ジュプレー号の乗員と紛議を起こしてこれを殺傷した堺事件の責任を負い、堺妙国寺において内外検使立会のもとに2月23日切腹。その際短刀を左脇腹に突き立てて右へ引き、上へ引き上げると刀を捨ると臓腑をつかんで引き出して首に巻き、臨席していたフランス公使ロッシュに睨みつけたという。享年25歳。
アクセス 高知市梅ノ辻13
要法寺(大和殉難烈士碑、海南自由党結成集会地)
  
海南自由党結成集会地
 明治14年(1881)に「自由党」が結成されたのをうけて、翌年、ここ要法寺に県内自由主義派の代表百名余が集結、海南自由党結成集会を開催。党規約第一条は、「党衆ハ自由ノ主義ヲ執リ以テ社会ノ政良ヲ図ル可シ」と宣言。中心人物は、板垣や片岡健吉ら5名。
 しかし、政府の集会を禁止する条例により1884年に解散を余儀なくされた。

大和殉難烈士碑
大和天誅組で散った土佐藩出身者を供養する記念碑。

アクセス 高知市筆山町8-5
取材予定地
渡辺弥久馬邸跡、開成館、寺田寅彦記念館、高知城(天守閣、板垣退助像、片岡健吉銅像)、立志社跡、丸岡莞爾墓、妙国寺(吉田東洋墓、龍馬祖父の墓)、吉田数馬墓、
高知 目次へ