水戸市・妙雲寺

妙雲寺
 斉昭が大砲鋳造のため、梵鐘の供出を命じたところ、これに応じなかったところから、廃寺になったという経緯がある。のちに復興されたが、寺域は大幅に縮小された。天狗党の総大将となった武田耕雲斎の墓がある他、多くの藩士達が眠る。境内には桜田門外の変で水戸浪士の標的となった井伊直弼の台霊塚もある。
アクセス 水戸市見川2-103-1
武田耕雲斎・武田魁介
広木松之介
塙弥左衛門
大老井伊掃部頭直弼台霊塚
茨城 目次へ