養  父

青谿書院、青谿書院記文碑、青谿書院資料室(養父市八鹿町宿南)
         
          
 青渓書院の創設者、池田草庵は文化10年(1813年)7月23日八鹿町で村三役(庄屋、組頭、百姓代)を勤める池田孫左衛門の三男として生まれました。裕福で、不自由のない生活を送っていましたが、草庵が10歳の時に母が亡くなりこの頃から次第に名家を誇った池田家の家運が傾いてきました。 三男であった草庵は分家してもらうほどの財力も家に残っておらず、満福寺(養父市広谷)に預けられ、僧侶としての修行を積むことになりました。また、翌年草庵11歳のときには父も他界。しかし、住職の不虚上人の指導により、草庵は一番の高弟と育ちました。 しかし、仏門で修行を積む草庵は18歳のときに、たまたま養父町を訪れていた儒者、相馬九方と出会い、儒学に興味を持ち始めました。不虚上人に還俗して儒学を学びたい旨を告げましたが反対され、翌天保2年(1831年)草庵19歳のとき、ひそかに寺を抜け出し、京の相馬九方の塾に入門しました。 京に上った草庵は、儒学を始め、朱子学、陽明学を学び、またこの頃より勤皇儒学者で知られる春日潜庵と親交を結んだ。天保11年(1840年)、28歳のときに京都一条坊で私塾を開いた。この頃になると草庵の名声が但馬にも伝わり、郷里では地元の若者たちに学問を教えてやって欲しいという声が高まっていた。再三の要請に断り続けていたが、2年ばかり続けていた京の私塾をたたみ、郷里に帰ることを決める。但馬に帰郷した草庵は八鹿村で4年ばかり立誠舎という建物を借り、子弟に学問を教えていましたが、弘化4年(1847年)ついに自分の学舎「青渓書院」を建てました。草庵が寺を飛び出してから16年、35歳の時でした。それから6年、ペリーが黒船4隻を率いて浦賀に入港、幕末の動乱を迎える中、諸藩からは教育者としての破格の誘いにも応ぜず、草庵は名声や地位を求めることなく、一生涯を学問の探究と人材育成に注いだ。
 また、18歳のときに寺を抜け出した行動を絵師に「満福寺出奔図」として描かせ、掛け軸として生涯自分の部屋に掛けて、過去の不義理な行動を戒めとしました。
 こういったところから、草庵は但馬聖人と呼ばれました。生野の挙兵では平野國臣から協力を呼びかけられていたが、時期尚早と挙兵には反対であったという。
 しかし、彼の門弟からは北垣国道、原六郎、西村哲二郎が生野義挙に参加しています。草庵が35歳で青渓書院を開いて、66歳で他 界する31年間で彼が育てた門弟は673名。
 生野の挙兵で参加した彼らの他にも政治経済・教育・文化のあらゆる分野で活躍し近代日本の礎となった人材が数多く輩出され青年の教育に生涯を全うした。
西念寺(木戸孝允公潜伏遺跡) (養父市養父市場)
          
 元治元年(1864年)6月5日池田屋事件。長州、肥後、土佐藩の志士が新撰組に襲撃され、討死、自刃と多くの犠牲を出したが、桂小五郎はその頃対馬藩邸離れ屋敷にいて、難を逃れました。この事件の以前からも桂は対馬藩とは懇意にしていました。
 7月18日に起こった禁門の変で桂は京を逃れ出石に潜伏します。そのとき出石に同行したのが、対馬藩に御用聞きとして出入りしていた広戸甚助である。甚助には弟直蔵がいて、彼が出石で家の家業を継いでいた。弟直蔵が京で兄に会ったときに桂とも面識があったので、匿うことにも承知した。とりあえず桂の潜伏先は広戸家の檀那寺である出石町内の昌念寺になった。
 このころ京を追われた長州藩士は各地に潜伏していた。禁門の変が終わったあと、会津藩預かりの新撰組などは長州藩士の探索に回っていた。やがて、出石の方にもその探索が度々回って来るようになった。昌念寺に潜伏する桂はその都度探索を逃れるために、養父市場の西念寺へ移り、寺男に成済まして潜伏した。
 しかし、いつまでも同じところで匿ってもらうわけにもいかないので、今度は出石町内の畳屋茂七方の二階に、またその次は城崎の旅館松本屋と大体20日から1,2ケ月ぐらいで移り住んだ。
 その後、桂は世間体をはばかるために、出石町内で申し訳程度に荒物商を営んで、長州に戻るまで町人風情になりすまして暮らしたという。
北垣国道生家跡 (養父市能座)
          
 琵琶湖疎水の生みの親として知られる北垣国道の生家跡は、樹齢700年のかやの木がそびえたっており、樹高35mの県下一の天然記念物にも指定されている。また敷地は鬱蒼と草が生え、野積の石垣が当時の面影を偲ばせています。 
 北垣晋太郎は天保7年(1836年)養父郡建屋村能座の庄屋北垣三郎左衛門の長男として生まれる。7歳の頃から池田草庵のもとで学び、佐中村の進藤俊三郎(原六郎)と出会います。万延元年(1860年)桜田門外の変が起こった年、24歳の北垣は養父市場の虚無僧、本多素行と知り合い交流が盛んになり、尊皇攘夷の志を抱くようになる。 文久3年(1863年)1月、20年学び続けた池田草庵の門を辞し、京へ上る。
 また、3月にはかねてから但馬の同志と計画を立てていた農兵組立ての建白を、京で医師を開業している、親戚の西村敬蔵宅に訪ねてきた山岡鉄太郎を通じて、幕府に提出し、また薩摩藩脱藩浪士で、城崎に潜伏していた美玉三平と知り合い、美玉の周旋で朝廷にも農兵組立ての建白書を提出。 10月には天誅組の大和挙兵に呼応して、生野で兵を挙げようとするも、天誅組は大和で破陣したため、北垣は自重を主張する。しかし、生野では沢卿を擁して挙兵は決行された。
 挙兵中の北垣の行動だが、沢卿一行が生野入りをする前日の10月10日には彼の行動がわかっているが、それ以降は10月14日に平野國臣が生野を逃れて北垣の生家に訪れるまでの4日間がわからない。平野と昼食を共にし、そして袂をわけた北垣は因州に逃れ、その後は進藤と共に京から江戸に向かい、龍馬から蝦夷地開拓の話を聞かされている。また、その後も原六郎(この頃から進藤は原六郎と名乗る)と同様に長州に向かい、大村から兵学を学び、河田左久馬の尽力により鳥取藩士となる。戊辰戦争に従軍後は明治新政府に出仕し、高知県令、徳島県令、京都府知事、北海道庁長官を歴任する。京都府知事の時には東京の工部大学校(現在の東京大学工学部)を卒業したばかりの21才の青年技師田辺朔郎を抜擢し、琵琶湖疎水工事に尽力する。 
 大正5年(1915年)1月16日、京都土手町通丸太町下ルの自邸で逝去。79歳。墓は黒谷金戒光明寺。
心行寺 (養父市長野)
 生野義挙日記によると、平野國臣と横田友次郎は文久3年(1863年)10月13日夜、生野の本陣を脱出し、北垣晋太郎の住む能座村建屋に出たのは14日の午前2時ごろであった。

 平野らは生野から山口村を通り八代(朝来市八代)を越えて長野村の信行寺(心行寺)で着ていた甲冑を脱ぎ捨てて、能座村の北垣を訪ねている。

 翌日、10月15日に平野と横田は上網場で豊岡藩兵に捕縛されている。

兵庫 目次へ