宝暦治水−大垣市

本堂寺(舛屋伊兵衛記念碑)
          
          
舛屋伊兵衛由来記

 舛屋伊兵衛は、養老郡多良に生まれ、故あって多良のお殿様である高木内膳家(東高木家)の江戸屋敷に誓い、神田紺屋町に住んでいました。高木家は、西高木家、東高木家、北高木家と三家あり、寛永年間以後、木曽川水系における国役普請のたびに普請奉行を勤めました。宝永2年(1705)からは、美濃、伊勢、尾張の川通巡視役儀を命じられ、幕末まで一貫して日常的にも諸河川の見分や見回り御用を勤めました。宝暦4年(1754年)の薩摩藩の御手伝普請には、水行奉行として普請監督に当たりました。円楽寺治水古文書によりますと、伊兵衛は、そんな高木内膳の家来となって普請監督に当ったとあります。ですから、水行に関する技術を持っていると同時に、舛屋という屋号の御用達商人だったのでしょう。伊兵衛はまた、薩摩藩江戸芝邸留守居役家老だった平田靱負とも、商売がら親しかったようです。宝暦4年に、高木内膳と共に、伊兵衛は美濃へ帰国し、木曽三川治水工事に参加しました。そして、土地の百姓や幕府役人とのあつれきに悩む平田靱負ら薩摩衆や、その間に入って悩む主人の高木内膳の姿に胸をいためました。7月、8月になり石材も、人夫も、木材も集まらない中、出水が続き、相次ぐ工事の失敗に責任を感じた薩摩藩士の切腹がつぎつぎとおきました。そのうえ疫病がはやり、たくさんの百姓や薩摩衆が亡くなりました。始めは治水工事の予定に入っていなかった最も難しい油島の工事と大榑川の工事が、4月頃から持ちあがっていました。それがついに9月13日、油島を締切るか、中明けかどちらかにすることに決まりました。 そして水行次第で、大榑川を締切るか洗堰にするか決められることになったのです。さらに9月22日には、大榑川締切りになれば、小藪村堀揚田工事が加えられることに決まりました。伊兵衛は、主人高木内膳と薩摩衆の苦悩を思い、もう自分の命をもってこの難工事の克服を祈るよりほかに、方法がないと思ったのでしょう。皆が心を一つにして工事完成に向って進んでいけるように祈りながら、神仏の御加護を願って人柱となり、その9月22日に、波浪さかまく水中に飛び込んだのです。幾日かの後、伊兵衛の死体が漂着しましたので、高木内膳は大藪村円楽寺に行き、住職の慈賢和尚に永代御供養を懇請しました。その後、ほんとに皆が力を合わせて、一心に工事に励むようになりました。同寺境内に残るその墓石に、次の銘があります。

  法名釈誓終往生  宝暦五乙亥年三月廿九日  武州江戸神田紺屋町  俗名 舛屋亥兵衛

 死没年月日が工事竣工の翌日となっているのは、幕府をはばかっての作為なのでしょう。円楽寺過去帳には、「此ノ人ハ当国多良産ニシテ故アリ江戸ニ住シ高木内膳ノ下人トナリタリ大榑川洗堰出来ノ節没ス、頼ニ応ジテ当寺ニ埋葬ス 永代読経スベシ 住持 慈賢記ス」とあります。舛屋伊兵衛のお話は、劇的に脚色されて、後世、いろいろな出版物となって伝えられています。

    平成10年8月3日  碑文 角田茉瑳子 誌るす

口ゆえに父は長良の人柱 雉子も啼かずばうたれまい 日本むかしばなしにもある話です。
 この地方に次のようなお里伝説もあります。お里は、父が人柱になったという報せに気も動転し、言葉の出ない状態になってしまいました。それからの毎日、お里は悲しみのあまり、長良川や大榑川の畔をさまよい歩きました。
 ある夕暮時、お里が川辺で東の山の端にかかる月をぼう然とながめていたとき、キジが鋭く一声鳴きました。お里はそのキジの声ではっと我に返えり、言葉が出るようになりました。
「口ゆえに父は長良の人柱 キジもなかずばうたれまい」と。

アクセス→大垣市上石津町馬瀬 本堂寺
木家陣屋跡
  
旗本西木家陣屋跡(平成八年七月九日 岐阜県史跡指定)

西木家の遺構
高台にあり、見上げる石垣、裏を取り巻く中谷川、加竜谷川が天然の要塞を作っている。土地の面積は17384.23m2である。

・埋門  文化12年(1815)に完成、現在石積みのみ残る
・表門  嘉永5年(1852)11月建設
・主屋  明治29年(1896)11月建設
・井戸  三基(井戸館なし)
・墓石群 関ケ原合戦後、入郷以来の歴代領主とその一族、約40基がある。

木家の歴史
 木家は、清和源氏源頼親を祖とし大和の木村に住み氏とした。その後伊勢国に移り室町時代の中頃には美濃国石津郡駒野に住し斎藤道三や織田信長に従い駒野、今尾を与えられこの地方を根拠としていた。信長亡き後は信雄に従い、秀吉により信雄が秋田に還流されると貞利は一族と共に甲州(山梨)の加藤光泰の許へ寓居した。
 文禄四年貞利は徳川家康に召され上総国で千石を与えられ、慶長5年関ケ原の軍功により時・多良郷の内、貞利(西家)2300石貞友(乗家)1000石、貞俊(北家)1000石を拝領、翌六年入部した。
 この三家は交代寄合美濃衆といい、大名格で寓せられ参勤交代を行い江戸期を通じ在地して所領や周辺の治安維持に当たり明治に至った。また、寛永元年以来国役普請奉行を勤めこの後水行奉行に任ぜられ濃・勢・尾州の川通りを年々巡検し水利治水事業に当たっていた。

アクセス→大垣市上石津町宮
宝暦治水 TOPへ戻る