宝暦治水−岐阜県笠松町

笠松陣屋・県庁の跡

 笠松陣屋は美濃郡代名取半左衛門長知が、江戸時代初めの寛文2年(1662)に「笠町」を「笠松村」と改め、この地に置きました。

 陣屋は笠松県庁になるまでの200年間、美濃国内の幕府領の支配と治水を行う役所として天下に重き位置をしめていました。

 慶応4年(1868)1月、笠松陣屋は朝廷の命を受けた竹沢寛三郎が天朝御用所と改め、同年4月、笠松裁判所となりました。さらに同月、笠松県の県庁となり県知事には長谷部恕連が任命されました。明治4年(1871)、笠松は岐阜県庁誕生の地となり、岐阜町制百年を記念して、永く後世に保存しようとするものです。

平成元年三月 笠松町

アクセス→笠松町県町 県町公民館近く
宝暦治水 TOPへ戻る